IDENTITY

SD15のすべて

X3ダイレクトイメージセンサー

1,406万画素(2,652×1,768×3層)のダイレクトイメージセンサーを搭載。RGB全色を3層で取り込める画期的なフルカラーイメージセンサーが、光と色の情報を余すことなく取り込み、精緻なディテールと、立体的で臨場感のある画像を生み出します。

ISO50-3,200

光の取り込みの効率性を上げ、ノイズの少ない画像生成を実現。フルカラーセンサーが捉えた階調豊かで解像感のある画像を提供します。

フォーカルプレーンシャッター

SIGMA SD14と同様、各部機構、部材などを強化することにより、10万回の作動耐久性能を検証し、信頼性を強化したフォーカルプレーンメカシャッターを採用。シャッター機構から発生するゴミを最小限に抑え、ダストプロテクターとともにイメージセンサーに付着するゴミやホコリを最小限に低減します。

2モーターシステム

ミラー駆動とシャッターチャージを専用モーターで駆動させる2モーターシステムを搭載し、ミラーの振動を最小限に抑えカメラブレを防止。ミラーの跳ね上がりによる振動後にシャッターを切るミラーアップ機構も採用。カメラブレを軽減し、マクロ撮影や超望遠レンズでの風景撮影に力を発揮します。

バッファメモリー2倍*

大容量フルカラーデータ高速処理のため、2倍のDDRIIバッファメモリーを搭載(*SD14比)。さらにメモリ使用の効率化を図り、最大21コマのRAWファイル連続撮影が可能に。約1,400 万画素の大容量データの高速転送・処理で、最高3コマ/秒を実現します。

「TRUE II」搭載

SDシリーズとしては初めてX3ダイレクトイメージセンサー専用画像処理エンジン「TRUE(Three-layer Responsive Ultimate Engine)II」を搭載。シグマ独自のアルゴリズムで、フルカラーセンサーのピュアでリッチな情報を画像劣化させることなく高速処理。高精細かつ色感豊かな描写を実現します。 また、RAWのみならず、カメラ内JPEG画像も画質と処理時間を飛躍的に向上させ、撮影時の快適性をいっそう向上させています。

高視野ファインダー

ペンタプリズムファインダーは、視野率縦98%、横98%、ファインダー倍率0.9 倍を実現。一眼レフカメラの重要要素であるファインダーの見やすさを徹底して追及。アイポイントは18mm。接眼部には視度調整機構を搭載し、-3から+1.5までの調整が可能です。

5点側測距AF

AF センサーには中央、左右、上下の5 点による測距センサーを採用。特に使用頻度の高い中央測距点には高精度の測距を可能にするクロスセンサーを配置。AFフレームの選択は、カメラ側の自動選択と撮影者による任意選択の2つのモードがあります。

新型AEセンサー搭載

77分割新AEセンサーを採用。進化したアルゴリズムで露出精度の向上を図りました。AFポイントとも連動し、複雑な光の状況でもきめ細かい制御で正確な露出制御を実現。

大型3.0型TFT液晶モニタ

日中の屋外でも優れた視認性を発揮する3.0型TFT液晶モニタを採用。約46万ドットの広視野液晶モニタは、色再現に優れ、構図やピントの確認も容易に行えます。

4種類の測光方式

被写体や撮影シーンに合わせて、使い分けられる77分割評価測光、中央部重点平均測光、中央部分測光、スポット測光の4 種の測光方式を搭載。

■77分割評価測光

逆光での撮影もカメラが自動補正。一般的な撮影に最適です

■中央部分測光

ファインダー画面の8.8%の中央部エリアを測光。逆光時に被写体のみの露出測光に最適です

■中央部重点平均測光

ファインダー中央部に重点を置いて画面全体を測光。任意での露出補正に最適です

■スポット測光

測光範囲は、ファインダー画面の1%の中央部エリアを測光。多様な光の状況の中でもピンポイントで被写体の露出を測りたいときに最適です

ダストプロテクター

レンズ交換式デジタル一眼レフカメラにおいて、レンズ交換時のゴミ・ホコリの侵入は大問題。このゴミやホコリがイメージセンサーに付着すると画像に写り込んでしまう場合があります。SD15のマウント部分には光学ガラスによるシールド機構、ダストプロテクターを標準装備。マウント回りにシーリング部品を組み込み、内部へのダスト侵入を最小限に低減。また内部可動機構から発生するゴミのクリーニング用に、ダストプロテクターユニットのワンタッチ着脱機構を採用しています。

露出補正機能

カメラが測定した露出を参照して撮影者自身が意図した露出を選択・決定。被写体の微妙な明度差など露出決定が難しいときには、オートブラケット機構により3段階または5段階の露出バリエーションで連続撮影できます。補正幅は1/3EVステップで±3EV(3段階)/±1.7EV(5段階)まで設定可能です。

進化した直観的なUI

定評のあるユーザーインターフェース(UI)は、従来のSD シリーズを基本的に踏襲しつつ、より直感的・感覚的に操作できるよう進化させています。たとえば、ワンボタンでカラーモード、ホワイトバランス、画質、画像サイズといった撮影に重要な設定項目をバックLCDに一括表示させるクイックセットボタン。十字コントローラーの操作により、クイックな設定が可能です。Fnボタンでは、フラッシュモードやシンクロモードなどの高度な設定が3.0型の大型液晶モニタを見ながらの調整可能に。

OKボタンの設定

撮影画像再生時に便利な、画像の回転やマーク機能等がOKボタンに設定可能。OKボタンを活用することで、より快適で素早い操作が可能になります。

トップLCDバックライト

ボディ上面の液晶パネルには、撮影設定情報、撮影可能枚数、電池残量などを常時表示。また、LCD バックライト(オレンジ色)の点灯により、暗い場所でも各種情報が確認できます。

オートブラケットの進化

従来の3コマのオートブラケットに加え5コマのオートブラケット機能を搭載。よりきめ細かい露出設定が可能です。

SIGMA Photo Pro

付属の現像ソフト「SIGMA Photo Pro 4.0」は、RAWデータを素早く簡単に現像できるソフトウェア。新ノイズリダクションアルゴリズムを採用し、ノイズの少ない画像生成を実現します。そのほか各撮影シーンに最適な色調、コントラストなどを調整した5種類のカラーモードに対応。調整値はRawデータに保存可能です。

17mm対応内蔵フラッシュ

レンズ表記17mm(35mm サイズ換算で約28mm 相当の画角)に対応したポップアップ方式の内蔵フラッシュ(ガイドナンバー11)を搭載。内蔵フラッシュが同調するシャッター速度は最高1/180 秒。S-TTL 自動調光システムの搭載により、高精度なフラッシュ撮影を可能にします。

SDカード採用

記録メディアには、コンパクトで携帯性に優れたSDカード(SDHC対応)を採用。DPシリーズと記録メディアのフォーマットを統一することで利便性の向上を図っています。

AFE(Analog Front End)搭載

フルカラーイメージセンサーが捉えた光を効率よくデジタル信号に変換。従来に比べ高感度性能が向上し、ノイズが少なく、高解像で優れた色再現が可能です。

専用リチウムイオンバッテリー(BP-21)

専用のリチウムイオンバッテリー BP-21を付属。1回のフル充電で最大約500コマの撮影が可能。バッテリーチャージャー BC-21(付属)により約120分でフル充電。別売りのACアダプター SAC-4で、AC電源での使用も可能です。

SIGMA SD15 Special Contents